スタッフブログ

sp_.top01.png
sp_.top02.png

2018.04.17更新

          歯は互いに支え合い、 噛み合わせが合うことによって機能しています。

      歯が一本抜けただけと思っていても、 歯全体のバランスが狂い隣り合っていた歯が傾いて、 磨きにくいところができ、 そこへ歯垢がたまり、

          他の歯よりも歯周病が進行しやすくなリます。

          このような悪循環を引き起こし、 次々と歯を失うこともあります。

          そうなる前に歯周病のリスクを知り、 歯周病予防を考える必要があります。歯周病対策

投稿者: 南歯科医院

2018.04.17更新

      歯と歯茎の間には、 深さ約 1〜2 ㎜の溝があり、 歯垢 (細菌の塊) がたまると、 歯茎が腫れたり、 口の中がネバネバしたりしてきます。

      症状が進行し、 この溝が深くなり、 約 6 ㎜以上の深さの歯周ポケットになると歯が前後左右、上下に揺れはじめ、 

                                                  ある日突然、 歯を支えきれなくなり抜け落ちてしまいます。

                            歯を失う前に

投稿者: 南歯科医院

2018.04.14更新

      噛む力を保つことは、 歯と口のトラブルを予防するだけでなく、 さまざまな健康効果を生み出します。

              噛むことで分泌される唾液は口内を浄化してむし歯や歯周病を防ぐ。

              口の開閉により頸動脈をつうじて脳に酸素や栄養が送られ、 脳細胞が活性化する。

              口周りの筋肉を使うことで発音や表情がよくなる。

              よく噛むことで満腹感が得られ、 食べすぎを防いでくれる。

              きちんと噛まないで飲み込んでしまうと、 胃腸に多くの負担を与える。


噛むことの大切さ

             

   

         

投稿者: 南歯科医院

2018.04.14更新

      最近、 口の機能低下が注目されています。      加齢による筋力低下でかむ、 飲み込む機能が落ちると、 むせるなど問題が生じます。

      口の機能低下により食欲が落ち、 栄養状態が悪くなり、 ひいては要介護状態になる危険性も出てきます。

      タンパク質やミネラルなどの摂取量も落ちるため、 さらに筋力が低下する悪循環に陥ります。      口の機能低下は体全体に影響を与え、

      QOLの低下につながります。      また、 口の機能を維持することが、 健康寿命を延ばすために重要になってきています。


口の機能低下

投稿者: 南歯科医院

2018.04.13更新

      普段何気なく使っている歯ですが、 歯は食べ物を噛み体内に取り入れるだけでなく、 正しい発音や表情の豊かさにも影響します。

      自分の歯が20本未満になると、 うまく食べられない、 滑舌が悪くなる、 表情がとぼしくなるなど、 QOL ( 生活の質 ) が大きく下がります。

      このため、 「 80歳で20本以上の自分の歯を保つ 」 ことが生涯にわたるQOLの維持・向上に欠かせません。80歳で20本

投稿者: 南歯科医院

2018.03.13更新

      歯根膜は体の中でもっとも鋭敏なセンサーと言われています。     指先も非常に敏感ですが、 その何倍も優れた感覚センサーと言われています。

      かりに、 歯が一本抜けると、 もちろん歯根膜は消失します。     歯は28本ありますから、 一本抜けると14文の1減ることになります。

      1本も歯がない人は、 一番鋭敏なセンサーである歯根膜からの情報が入らなくなります。     かんでいる間中、 ずっと働いていた脳は、

その情報入力がなくなると、 そのぶんだけ働かなくなります。歯根膜は鋭敏なセンサー

投稿者: 南歯科医院

2018.03.13更新

      口の中の感覚 ( 知覚・味覚 ) は、 三叉神経や顔面神経などの脳神経を介して脳と直接結ばれています。

      口は体の中への入り口ですから、「 これは食べてもよろしい 」 とか 「 食べたらあかん 」 ということを選別する必要があります。

      したがって、 安全を守るためのセンサーがたくさん存在します。

      これは、 家で言えばセキュリティシステムのようなものですから、 鈍いセンサーだと具合が悪い。     髪の毛一本だけ入ってきても、 すぐにわかりペッとはき出せるような鋭敏なセンサーが要るわけです。

      ただ、 それらのセンサー自身が 「 危ないぞ 」 と評価しているわけではなく、 この神経を介して情報を受け取った脳が 「 それは食べても良い 」 とか 「 それは吐き出さないといけない 」 ということを判断するわけです。口は脳に情報を伝える

投稿者: 南歯科医院

2018.02.28更新

     高齢者のかみ合わせについてはどうでしょうか。

     高齢者のかみ合わせの有無と店頭回数です。      奥歯がなくてかみ合わせができない人は1年間の店頭回数が多く、 自分の奥歯でしっかりかみ合わせが出来る人は店頭回数が少ないという結果です。

     寝たきりになる原因は脳卒中が一番多く、 二番目が転倒による骨折です。      それで歩けなくなってそのまま寝たきりになるというパターンが多いのです。      左右両方の奥歯でしっかりとかめる人は転倒が少なく、 寝たきりいなりにくいと思われます。かみ合わせと転倒

投稿者: 南歯科医院

2018.02.28更新

     少し古いですが、 北京オリンピックでメダルをとった日本選手たちをふり返ってみます。

     レスリングの吉田沙保里さん、 伊調姉妹、 フェンシングの太田選手、 水泳の北島くん………   彼らは皆しっかりした顎と歯を持っています。

     冬のオリンピックも同様です。     これみよがしにみんな口を開けて、歯を見せていますが、 きれいでしっかりした口元です。

     世界の一流アスリート、 イチローやウサイン・ボルト、 浅田真央ちやんも同じようにしっかりとかめるきれいな歯をしています。

     どうやら運動能力の高い人たちは、 しっかりとかめる歯、 あるいは強靭な顎を持っている方が多いようです。

     実際にかみ合わせと運動能力との関係を見てみましょう。      上下の歯がどれぐらいの面積で接触しているかという 「 咬合接触面積 」 と

握力、背筋力との関係では、 咬合接触面積が大きい中学生は小さい生徒に比べて倍ぐらいの力が出ています。

     そして、 ハンドボール投げや走り幅跳びをやっても、 同じような結果が出ます。口は不思議な臓器2

投稿者: 南歯科医院

2018.02.19更新

     口にはどのような働きがあるか考えてみましょう。

     「食べる」 「飲む」 「なめる」 というのは栄養を摂取するための重要な機能です。     また、呼吸をするための通り道でもあります。

     コミュニケーションをとるために話をします。     「笑う」 「なく」 となりますと感情の表現です。

     さらに、 手の不自由な方にとっては口で筆をくわえて絵や字を書かれます。    道具としての機能まであるのです。

     このように、 口はたくさんの機能を持っています。     逆に言えば、 口がなくなると、話ができなかったり、 食べられなかったり、困ることがたくさんあります。     口の機能が低下すると幸せを感じることが難しくなります。

     口の健康をしっかり保つことは、 幸せを実感することにつながります。口は不思議な臓器

投稿者: 南歯科医院

前へ

entryの検索

カテゴリ

南歯科医院 フリーダイヤル0120-214-118 TEL:072-846-3227
top_inq_sp.png