スタッフブログ

sp_.top01.png
sp_.top02.png

2017.05.16更新

     歯肉炎や軽い歯周病なら、 汚れ ( プラーク、 歯石 ) を取り除くプロフェッショナル・ケアを主体にした 「 歯周基本治療 」 だけで治ることもあります。

 

     治療後の再検査で汚れの除去と症状の改善が確認出来たら、 数カ月に一度、 定期的に清掃と検査をする 「 メインテナンス 」 に進みます。

 

     一方、 歯肉の奥にたまった汚れがスケーリングやルートプレーニングといった歯周基本治療だけでは取り除けない場合は、 「 歯周外科治療 ( 手術 ) 」 をおこないます。        歯周外科治療のメインは 「 フラップ手術 」 です。

 

     歯肉を切り開いて歯根を露出させ、 歯根の表面に付着した汚れを取り除きます。      歯槽骨が吸収されるなど歯周組織が壊れてしまっている場合は、 「 GTR法 」 や 「 エムドゲイン法 」といった歯周組織を再生させる手術を加えることもあります。

投稿者: 南歯科医院

2017.05.12更新

     歯周病は細菌による感染症なので、 歯周病菌によって悪化しますが、 歯周病菌だけでは発症しません。

 

     歯周病は歯垢 ( プラーク ) や歯周病菌から 、生体を守ろうとする細胞との戦いによって歯肉に炎症を起こし、 やがて歯槽骨などの歯周組織を破壊してゆく病気です。

     そこで治療では、 大元の原因であるプラークや歯石を取り除く 「 歯周基本治療 」 に主眼を置きます。

 

     これは、 患者さん自身が行う 「 セルフケア ( ブラッシング ) 」 と、 歯科医院でおこなう専門的な 「 プロフェッショナル・ケア 」 がセットになっています。

投稿者: 南歯科医院

2017.05.11更新

     歯周病は多くの全身病と関連しています。

 

     すなわち歯周病を治せば、 他の病気も良くなりますし、 持病を治療して改善すれば歯周病にも好ましい影響を与えます。

 

     どちらか一方の治療ではなく一気に両方治療すると、 抜群の治療効果が期待できるということです。

 

     歯科を受診したら、 糖尿病など持病があることを歯科医師に伝えて下さい。       歯科医師は、 持病でかかっている医師と連携を取りながら治療を進めて行きます。

投稿者: 南歯科医院

2017.05.11更新

     歯周病菌が気道経由で感染を広げる病気の代表が、 「 誤嚥性肺炎 」 です。

 

     口の中の歯周病菌が唾液や食べ物に混じって気道に入り込み、 肺に観戦を起こします。      通常は唾液や食べ物が気道側に入ることはありませんが、 高齢者は飲み込む力が弱く、 さらに感染に対する抵抗力も低下しているために誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。

 

     肺炎は80歳以上の高齢者では死亡原因の3位であり、 予防を心がけなければならない病気です。

 

     高齢者に口腔ケアをおこない、 歯周病菌などの口内細菌が減少すると、 肺炎の発症率が低下することが報告されています。

投稿者: 南歯科医院

2017.05.02更新

     関節リウマチは免疫の異常などが原因で、 手や足の関節に痛みや腫れをともなう炎症が起きる病気です。

 

     関節リウマチと歯周病には同じ炎症性サイトカインが関連しているなど共通点も多く、関節リウマチの患者は歯周病にかかりやすいことがわかっています。

 

     とくに口の中を不潔にしていると、 歯周病が重症化しやすくなります。      関節リウマチの患者さんは手指の動きが悪いので、 歯ブラシを思うように動かせないことも重症化の一因でしょう。

 

     逆に歯周病があると関節リウマチの病状に影響を及ぼすなど、 双方向で関連しています。

投稿者: 南歯科医院

2017.05.01更新

     骨量が減少して骨がスカスカでもろく折れやすくなった状態を  「 骨粗鬆症 」 といいます。

 

     加齢とともに誰でも骨量は減少するものですが、 とくに閉経以降の女性はホルモンの分泌が減少するとともに骨量もぐっと少なくなるので、 骨粗鬆症が多く見られるようになります。

 

     また、 歯周病に侵された歯肉の中で産生される炎症性サイトカインには、 骨代謝に影響を及ぼすものがあるということもわかってきました。

 

    逆に骨粗鬆症の人が歯周病になると、 他の骨と同じように歯槽骨がもろくなり、 吸収されるスピードも速まるので、歯周病が悪化しやすいと言われています。

投稿者: 南歯科医院

南歯科医院 フリーダイヤル0120-214-118 TEL:072-846-3227
top_inq_sp.png