スタッフブログ

sp_.top01.png
sp_.top02.png

2018.03.13更新

      歯根膜は体の中でもっとも鋭敏なセンサーと言われています。     指先も非常に敏感ですが、 その何倍も優れた感覚センサーと言われています。

      かりに、 歯が一本抜けると、 もちろん歯根膜は消失します。     歯は28本ありますから、 一本抜けると14文の1減ることになります。

      1本も歯がない人は、 一番鋭敏なセンサーである歯根膜からの情報が入らなくなります。     かんでいる間中、 ずっと働いていた脳は、

その情報入力がなくなると、 そのぶんだけ働かなくなります。歯根膜は鋭敏なセンサー

投稿者: 南歯科医院

2018.03.13更新

      口の中の感覚 ( 知覚・味覚 ) は、 三叉神経や顔面神経などの脳神経を介して脳と直接結ばれています。

      口は体の中への入り口ですから、「 これは食べてもよろしい 」 とか 「 食べたらあかん 」 ということを選別する必要があります。

      したがって、 安全を守るためのセンサーがたくさん存在します。

      これは、 家で言えばセキュリティシステムのようなものですから、 鈍いセンサーだと具合が悪い。     髪の毛一本だけ入ってきても、 すぐにわかりペッとはき出せるような鋭敏なセンサーが要るわけです。

      ただ、 それらのセンサー自身が 「 危ないぞ 」 と評価しているわけではなく、 この神経を介して情報を受け取った脳が 「 それは食べても良い 」 とか 「 それは吐き出さないといけない 」 ということを判断するわけです。口は脳に情報を伝える

投稿者: 南歯科医院

南歯科医院 フリーダイヤル0120-214-118 TEL:072-846-3227
top_inq_sp.png