スタッフブログ

sp_.top01.png
sp_.top02.png

2017.12.08更新

小腸内の免疫細胞を高めよう       歯ぐきの中で歯周病菌が増えると、 歯肉周辺の "免疫細胞" たちが戦い始めます。    この戦っている状態が、 腫れ・出血といった症状に。    「どこかで異常は起きていないか」 と体内をパトロールしている  "免疫細胞" はこの緊急事態を感知し、 小腸へ信号を送ります。                                        

      SOSを受け取るのは、 小腸内に住む "免疫細胞" 。     小腸は臓器の中でも重要な役目を担っているため、 鍛えられた細胞たちが集まっています。     そして、 口腔内の異常事態を知り、助けに行く準備をします。

     "免疫細胞"たちは、 リンパ節を通りながら口腔内へと出動。     もともと歯肉周辺にいた "免疫細胞"と一緒に、 歯周病菌と戦い始めます。

投稿者: 南歯科医院

entryの検索

カテゴリ

南歯科医院 フリーダイヤル0120-214-118 TEL:072-846-3227
top_inq_sp.png